2019年10月03日

路肩駐車中に被告普通貨物車に追突された男子原告の左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷等との因果関係を認め症状固定日を1年6ヶ月後と認定した事案

【大阪地裁平成31124日判決】(自保204675頁)

 

〔事案の概要〕

男子原告は、平成2812日、乗用車を運転して路肩に停車中、被告運転の普通貨物車に追突され、左膝内側半月板損傷、左膝膝蓋骨軟骨損傷等の傷害を負い、約16ヶ月通院したとして、既払い金220002円を控除し1793907円を求めて訴えを提起した。

被告は、原告は、平成29321日、C病院において左膝内半月板損傷の診断を受けているが、この診断は7ヶ月に及ぶB病院への通院を終了した平成2882日から7ヶ月以上も経過した時期に突然されたものである。そのため、左膝内半月板損傷が本件事故によるものとは到底考えられない。原告は、本件事故当日の平成2812日、Bレントゲン検査を受けた結果、骨折は認められず、同年14日の診断においても特に異常なしとされている。そのため、診断書上の傷病名も左膝関節打撲のみである。編国のB病院への通院頻度は、月に1回か2回にすぎず、処置は沈痛消炎剤の処方のみである。といった事情は、原告が本件事故により左膝内半月板損傷の傷害を負っていないからにほかならないとして保険事故と左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷等との因果関係を争った。

 

〔判決の要旨〕

「原告に発症した左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷と本件事故との相当因果関係の有無について検討するに、2トントラックである被告車に追突されたことで、原告車のバンパーやクォーターパネルが損傷を受けたことからすると、本件事故の衝撃は決して小さいものとは評価できないこと、本件事故により、原告は左膝をダッシュボードにぶつけたこと、原告が本件事故当日から左膝の痛みを一貫して訴えていたこと、平成28年8月2日時点では、左膝関節痛については局所に頑固な疼痛が残存している状態であり、左膝については可動域制限が残存し、正座ができず、1時間の立位が困難であり、走ることもできない状態であり、同日時点の原告の症状は軽症とはいい難い状態であったことなどの事情は、原告に発症した左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷と本件事故との相当因果関係を推認させる事情となる」とし、「C病院でMRI検査が行われるまでの間、原告において、左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷を発症する原因となる具体的な出来事がないことに照らすと、原告は、本件事故により左膝打撲のみではなく、左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷を発症したと認められ、症状固定日は、C病院の最終通院日である平成29711日とする」と本件事故と左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷との因果関係を認め、症状固定日を約16ヶ月ごと認定した。

 

[コメント]

交通事故で怪我をした場合、ほとんどのケースでX-P(レントゲン)検査が施行されます。しかし、X-P検査は骨折の有無の判断には有用ですが、腱損傷等判断できない所見もたくさんあります。左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷もその一つです。本件では、受傷当初にB病院で受けたX-P検査で骨には異常がなく左膝関節打撲と診断され、それを前提にB病院での治療がなされた後、一度は治療となってしまいました。その後、C病院でMRI検査を受けた結果、左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷という所見が認められましたが、事故から7か月以上も経った時点でなされたものであったことから、保険会社はC病院での診断結果と治療を争う姿勢をみせたわけです。

もし、受傷当初にMRI検査を受け、きちんと左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷との診断を受け、適切に治療を受けていれば、このように裁判で争うことはなかったでしょう。

交通事故で適切な賠償を受けるためには、事故当初に適切な診断を受け、適切な治療を受けておくことが極めて重要です。

本件は、「この事故以外に原告が左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷を発症する原因となる具体的な出来事がない」ということで、当該傷病と事故との相当因果関係が認められましたが、仮に事故後に転倒して通院した、肉体労務の仕事に就いているなどの事情があったような場合、必ずしもこのような判決内容になったとは限らないのです。

しかし、医学的知識や交通事故賠償上の問題に関する知識は乏しい被害者の方にしてみれば、診断結果や治療は医師、治療機関の判断に委ねざるを得ないケースも多いことでしょう。

交通事故問題の実績多数なあずま綜合法律事務所では、事故直後から丁寧にアドバイスをさせていただいておりますので、交通事故で怪我をしたらお早めにご相談ください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
弁護士法人 あずま綜合法律事務所
http://www.jiko-fukuoka.jp/
住所:福岡県福岡市中央区赤坂1丁目16番13号
上ノ橋ビル3階
TEL:092-711-1826
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年09月11日

14秒前には赤信号に変わっていた速度超過の被告乗用車に衝突され死亡した青信号に変わる1秒前に発進の原付自転車の過失を軽微として否認した事案

【京都地裁平成301126日判決】(自保2040120頁)

 

〔事案の概要〕

60歳男子会社経営の亡Aは、信号交差点を原付自転車を運転して赤信号で停止し、青信号に変わる1秒前に発進したところ、右方交差道路から赤信号で進入してきた被告運転の速度超過乗用車に衝突され、外傷性脳内出血等を負い、39日入院後に死亡した

 

〔判決の要旨〕

「Aにおいても、信号機の表示する信号に従わなければならず、赤信号の場合は停止位置を越えて進行してはならず、赤信号で発進し、本件交差点に進入した事実を指摘できる。しかしながら、全赤状態での、青信号に変わる1秒前の発進であり、信号の変わり目の見込み発進であって、本件交差点の形状や信号サイクルからすれば、比較的軽微な落ち度である。

これに対し、被告には、各過失があり、とりわけ14秒前には対面信号が赤信号に変わっていたというのであるから、被告の過失は極めて重大で、危険極まりない運転と言わざるを得ない」として、「Aの前記落ち度を考慮するのは適切ではなく、本件事案で過失相殺を認めることはできない」とA原付自転車の過失を否認した。

 

[コメント]

双方が赤信号の直進車である場合、通常、過失相殺されることになり、その過失割合は痛み分けの50:50になることも少なくありません。

しかし、本事案では、被告に赤信号違反のほか、著しい前方不注視、時速30キロメートルの速度超過の過失がある上に、14秒前には対面式信号が赤進行に変わっていたこと、一方、原告は全赤状態での信号の変わり目の見込み発進をしたもので、青信号に変わるわずか1秒前の発進であったことを比較考慮し、本事案で過失相殺を認めることはできないとして原告の過失を否認しました。

交通事故事案では、まれに双方青主張や双方赤主張により過失割合が争いになることがあります。

その場合、車載カメラがあればいいのですが、ない場合は刑事記録、事故現場付近の防犯カメラの映像、信号サイクル表を取り付けて双方の言い分の裏付けをとることになります。

本事案においても、防犯カメラの映像と信号サイクル表が過失割合の認定上採用されています。

 刑事記録や信号サイクル表は弁護士の職権で取り付けることができますから、事故の調査をしたい方は、専門の弁護士に相談するとよいでしょう

 

信号機のある交差点であっても、見込み発進するのは危険です。発進する前に、左右をよく確認し安全に注意して発進しましょう。

 

あずま綜合法律事務所では、双方青主張の事案で自賠責保険金を獲得するなど交通事故事案の実績が豊富です。交通事故問題でお悩みの方は、あずま綜合法律事務所にご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
弁護士法人 あずま綜合法律事務所
http://www.jiko-fukuoka.jp/
住所:福岡県福岡市中央区赤坂1丁目16番13号
上ノ橋ビル3階
TEL:092-711-1826
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年08月22日

12級14号外貌醜状等併合12級後遺障害認定の17歳兼業主婦の逸失利益を家事労働に間接的な影響が生じていると67歳まで5%の労働能力喪失で認めた事案

【名古屋地裁平成31123日判決】(自保204371頁)

 

〔事案の概要〕

17歳兼業主婦の原告は、被告運転の乗用車後部座席に同乗中事故に遭い、自賠責1214号顔面神経麻痺及び顔面・頚部瘢痕による外貌醜状、同149号左下口唇知覚異常及び知覚鈍麻から併合12級後遺障害の認定を受けた。

 

〔判決の要旨〕

後遺障害逸失利益算定につき、「原告は現在専業主婦として家事及び育児に従事しているところ、原告の上記症状は家事労働に直接影響するものではない、原告は、口元や頸部の瘢痕をみられたくないとの思いからマスクを着用して生活するなど対人関係に不安を抱えており、専業主婦であっても買い物等での外出や他者との会話を全く避けることはできない以上、日常的に心理的な負担を感じざるを得ないという意味で、家事労働について間接的な影響は生じている」とし、「原告は、症状固定時に18歳の若年者であったことから、本件事故に遭わなければ相当程度幅広い就労可能性があったものと認められるところ…(省略)」、「原告には、本件事故による後遺障害の影響によって対人関係に消極的になり、接客業等への就労可能性が一定程度制限されているほか、現在従事している家事労働にも心理的負担を感じるという意味で間接的な影響が生じているということができるから、かかる後遺障害に基づく逸失利益の発生を認めるのが相当である」とし、49年間5%の労働能力喪失で認定した。

[コメント]

後遺障害12級の場合の労働能力喪失率は基準上14%とされていますが、本判決は、将来の就労可能性に対する影響の程度及び家事労働に対しては直接的な影響は生じていないことに照らし、原告の労働能力喪失率は5%と抑制的に認定しました。

顔に醜状障害を残した被害者の後遺障害逸失利益については、直接仕事や就労可能性に影響を与えるものでなく、労働能力を低下させるとは認められないとして否認する裁判例も多くみられますが、本判決は「間接的な就労可能性と家事労働への影響」も労働能力を低下させるものとして逸失利益を認めました。原告の障害の内容がメイク等で隠すことがでないものであったこと(口の歪み)、原告がまだ17歳と若く、現在は専業主婦とはいえ、今後就労する蓋然性が高いこと等が考慮された結果と思われます。

醜状障害を残した被害者の後遺障害逸失利益については、顔面醜状の程度・場所(髪やメイクで隠すことができるか)、職業、年齢(将来の転職可能性)等を総合的に判断して認定されることになると思われ、これらの事情をいかに詳細に立証できるかが重要となります。

交通事故により醜状障害を残したことでお悩みの方は、交通事故問題に強いあずま綜合法律事務所にご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
弁護士法人 あずま綜合法律事務所
http://www.jiko-fukuoka.jp/
住所:福岡県福岡市中央区赤坂1丁目16番13号
上ノ橋ビル3階
TEL:092-711-1826
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年07月18日

14歳女子中学生の胆のう摘出による自賠責13級認定の後遺障害逸失利益をセンサス男女全年齢平均を基礎に18歳から67歳まで6%の労働能力喪失で認めた事案

【金沢地裁平成3059日判決】(自保203850頁)

 

〔事案の概要〕

14歳女子中学生の原告は、県道を歩行横断中、右方から進行してきた被告運転の車両に衝突されて受傷し、胆のう全摘出により自賠責1311号腹部臓器機能障害認定を受けた。原告側は、「原告は、胆のう摘出により、胃腸の調子が良くなく、下痢を起こすことが多く、特に脂っこい食べ物の消化が困難となっているほか、疲れやすくなり、日常生活に支障が生じている。」ことから、「原告の労働能力の喪失率は9%を下らない。」と主張した。他方、被告側は、「胆のう摘出が消化機能に対して影響を及ぼすことはあり得るものの、労働能力への影響は一律ではなく、仮に当該影響があるとしても、その程度は限定的であるといえる」等ことから、「原告の後遺障害逸失利益は認められないか、仮に認められるとしても極めてわずかである。」と主張した。

 

〔判決の要旨〕

原告は、胆のう摘出により、胃腸の調子が良くなく、下痢を引き起こすことが多く、特に脂っこい食べ物の消化が困難となっているほか、疲れやすくなったこと等が認められる。そうすると、本件事故による後遺障害(胆のう摘出)によって、原告の日常生活に上記のとおりの支障が生じており、これによる労働能力の低下ないし喪失があるというべきであり、また、本件事故による原告の労働能力の喪失率を6%とする」として、センサス男女全年齢平均を基礎収入に18歳から67歳まで49年間6%の労働能力喪失で認めた。

 

[コメント]

交通事故で後遺障害を残した場合、基本的には自賠責保険支払基準(自動車損害賠償保障法施行令別表ⅠⅡ)が定める労働能力喪失率に応じて逸失利益が算定されることになります。

しかし、内臓に後遺障害を残した場合、運動機能に直結しないため、さほど労働能力が制限されることはないとして争いになるケースが多くあります。

訴訟になった場合、等級基準通りの喪失率が認定されることもありますが、等級基準をそのまま認定しない裁判例も多く見受けられるところです。

本判決の原告は、自賠責において胆のう摘出による後遺障害13級が認定されており、基準どおりであれば労働能力喪失率は9%となります。被告側は、胆のう摘出による労働能力への影響は限定的であるとして、逸失利益について争う姿勢を示しました。

これに対し、裁判所は、胆のう摘出による下痢の多さ、易疲労性を理由に労働能力の低下ないし喪失があることを認めたものの、基準より低い6%の労働能力喪失を認めました。

内臓に後遺障害を残した場合、その障害がどの程度労働能力に影響をするか、より詳細かつ具体的な立証が必要ですので、専門家に相談するとよいでしょう。

交通事故で傷害を負った場合は、一人で悩む前にあずま綜合法律事務所にご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
弁護士法人 あずま綜合法律事務所
http://www.jiko-fukuoka.jp/
住所:福岡県福岡市中央区赤坂1丁目16番13号
上ノ橋ビル3階
TEL:092-711-1826
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年07月03日

自賠責非該当も22歳男子消防士の左膝神経症状は職務に影響があるとして14級9号後遺障害を認定した事案

【京都地裁平成301112日判決】

 

〔判決の要旨〕

自動二輪車に搭乗して交差点を直進中、先行被告乗用車が左折したため、急制動したが衝突して、左大腿部挫滅創等の傷害を負い、自賠責非該当も14級9号左膝を神経症状を残したと主張する22歳男子消防士の原告の事案につき、原告の症状固定後の症状は、「さほど強くはなく、かつ、常時自発痛があるわけではないものの、左膝に痛みが生じることがあると認められる。そして、原告が消防士として火災、急所、救急等の出動をしていることに照らすと、通常人の勤務と比較して肉体上の影響があることが職務に影響を及ぼしやすいといい得。そうすると、原告にほとんど常時疼痛が残存しているとまでは認め難いが、職務上の支障が生じることは否定できない」とし、「原告の述べる痛みについては、C整形外科において診断されているとおり、創傷によるものとして医学的に説明可能なもの」として、「左大腿挫滅創に伴う左膝創部の圧痛等の症状について、149号「局部に神経症状を残すもの」に該当する」と149号後遺障害を認定した。

 

【コメント】

自賠責においては、交通事故による後遺症のうち、「局部に神経症状を残すもの」については、149号と認定されることになります。

そして、「局部に神経症状を残すもの」とは、「医学的に説明可能な神経系統又は精神の障害を残す所見があるもの」をいい、「医学的に証明されないものであっても、受傷時の態様や治療の経過からその訴えが一応説明つくものであり、故意に誇張された訴えではないと判断されるもの」については、「局部に神経症状を残すもの」として149号に認定される可能性があります。

自賠責保険の後遺障害認定は労災保険の認定基準に準拠しているところ、労災の基準上、「通常の労務に服することはできるが、受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」が14級とされており、「ほとんど常時疼痛を残すこと」は自賠責で149号を獲得する上で重要な要素となります。

本事案においても、22歳男子消防士の原告は、常時自発痛がなく、自賠責においては後遺障害非該当と認定されていました。しかし、京都地裁は「消防士」としての職務の特殊性、後遺症の職務への影響に鑑み、149号後遺障害を認定しました。

裁判所は、自賠責の判断に拘束されず独自の判断において後遺障害等級を認定することができますが、自賠責で認定された後遺障害等級を参考にするため、裁判でも同様の認定をする傾向にあります。

しかし、本判決は、自賠責の判断に縛られず、原告の職業や職務の内容、後遺症による職務への影響を考慮して149号後遺障害を認定し、柔軟な姿勢を示しました。

裁判をすれば、自賠責の後遺障害認定とは異なる判断を受けることができる可能性があるということですが、そのためには、必要な立証書類を整え、緻密な主張をすることが重要となります。

自賠責の後遺障害認定内容に納得できない、異議を申し立てたいという方は、交通事故問題に精通したあずま総合法律事務所にご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
弁護士法人 あずま綜合法律事務所
http://www.jiko-fukuoka.jp/
住所:福岡県福岡市中央区赤坂1丁目16番13号
上ノ橋ビル3階
TEL:092-711-1826
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PageTop